出張による逆子鍼灸治療とマタニティ整体

逆子のお困りの妊婦さんに出張逆子鍼灸治療のご案内です。   東京、目黒区、恵比寿、渋谷、青山、下北沢、世田谷区、横浜市青葉区を中心に出張による鍼灸治療を行っております。


  • 逆子をなんとかしたい
  • 逆子もだけど肩こりや腰痛の施術も同時に受けたい
  • リラックスできる妊婦さん向けマッサージを受けたい

逆子のお悩み以外にもメンタル疲れや肉体疲労でもお悩みではないでしょうか?


逆子鍼灸治療にマタニティマッサージ系で90%以上の逆子改善率

マタニティマッサージ系は治療系です



  • 逆子の鍼灸にリラク系も含めた妊婦さんのためのマタニティマッサージ系の組み合わせ。
  • 逆子のお灸、鍼灸の効果を高めるにはお母さんがリラックスすることが最も大切です。


逆子の妊婦さんに共通するお体のこと

肩こりや腰痛、冷えといったお悩みから次いで多いのがストレス。仕事をしながらの妊婦さんもたくさんおられ、仕事での疲労やストレスは気付かぬうちにお体へと浸透していき、やがて慢性化してきます。これを断ち切るために、逆子のお灸にマッサージを組みあわせていきます。


マタニティ整体にオイルトリートメントの有効性。

手技によるツボ押しやツボの流れの経絡に沿ったマッサージ、整体は逆子の鍼灸治療による改善を促進させる一つの方法として最大限有効であると考えています。さらにオイルによる緻密な調整による経絡刺激は、お体への負担も少ない上にリラックス効果にも期待ができます。オイルは大切な逆子療法の一つです。


逆子にオイル?

マッサージやオイルと聞くとリラックスだけ、という感じがしますが、実は立派な治療法の一つなんです。   海外ではしっかりとマタニティマッサージ系は認められていて、マッサージというと基本的にオイルのことを指します。


オイルは妊娠中のデリケートになっている妊婦さんのお肌、筋肉、血管への負担を減らしつつも確実な施療が行えるために、本来は治療系の施術として認識されるべきものと当院では考えています。もちろんリラックスできる、リラックスしたい!でも大丈夫です。このリラックスは結果的に筋肉や血管運動を行うための平滑筋をも緩めることができるから、逆子でお悩みの妊婦さんにも有用なんです。


  • リラックスすることは逆子の予防にもつながります
  • 安産のためにも妊婦さんがリラックスできる時間があることも大切
  • ご自身のためだけではなくお腹の赤ちゃんのためにもリラックス

姿勢や冷えの状態、骨盤の状態、筋肉のコリ方などさまざまな方面からお体を診察しながら決めていきます。


このようなお悩みがあるのではないでしょうか?

心のお疲れ、メンタル疲れ系


  • ストレスを抱えている
  • 落ち込みやすい
  • 毎日仕事が忙しい
  • 子育て最中でもある
  • 自己肯定感が少ない傾向

お体の疲れ


  • 肩こりや腰痛がひどい
  • 股関節痛もある
  • スマホやデスクワークが多い
  • 疲れやすい
  • 冷えやむくみのお悩み
  • 睡眠が浅い・頭痛や眼精疲労

多ければ多いほど逆子に影響が考えられるお疲れモード  

気付かぬうちにためてしまったお疲れを逆子の鍼灸と合わせたマタニティマッサージ系で心とお身体の解放が逆子改善の秘訣です。


メンタル疲れの逆子の妊婦さんに

お体もだけれど、心も疲れてはいませんか?仕事も忙しくて、産休が待ち遠しいけどちょっと気が引ける、家にいてもいつのまにか仕事のことを考えてしまったり、パートナーの理解力不足によるストレスなどなど。     


妊婦さんを取り巻く環境は良い状態でないこともあるのではないでしょうか?もちろん、全て良い環境におられるのに逆子でお悩みになる妊婦さんもおられます。

   

ストレスは自律神経のバランスを崩しやすく、結果として女性ホルモンの分泌のバランスか崩れたり、冷えが伴ったりと逆子を改善するにあたって良い環境ではありません。


マタニティマッサージ系を加えて脳、頭がリラックス方向へ向かいやすいように、心とお身体のバランスを整えていきます。オイルはその点ではとても有利となるんです。


逆子へのオイルへの期待

日々逆子の改善を高めるための施術法を考えているのですが、逆子のお灸にマッサージ系を加えていくと逆子の改善率が高まることがわかってきました。     


もちろん、逆子のお灸だけでも効果は期待ができますが全国的にも平均をすると50%代後半といった成績になり、残りの4割ほどの方は逆子の改善ができない状態となっています。     


逆子になってしまう理由そのものが医学的にはまだまだ解明はされてはいなく、どの鍼灸院でも逆子に対する施療法を日々の勉強会などを通じて研究をしています。


逆子と冷えとの関連性     

当院のホームページでも盛んに申しておりますが、逆子でお悩みの妊婦さんのお身体はとてもとても冷えています。


これはほぼ共通と言っても良いことで、ご自身のお体による熱量の産生ができにくくなっている、あるいは産生ができてもそれを打ち負かせてしまうほどの血流停滞が起きている、と考えます。


逆子でお悩みのマタニティさんの臀部、鼠蹊部、腹部、下肢全体は内側から冷えが押し寄せてくるような錯覚になる程、冷えが目立ち、血流が停滞しすぎていることがわかります。


血液の循環を促進してお身体全体へ熱が伝わるようにお灸を施していくのですが、なかなか温まりにくい。


この温まりにくさは年々増えているような気がします。ストレス社会と言われるようになって久しいですが、やはり自律神経のお疲れが社会全体を覆ってしまっているのがまずは、原因と言えるかもしれません。


自律神経が乱れると血管の収縮拡張がうまくいかなく、大切な栄養や熱が行き渡りにくくなると逆子になりやすい環境が出来上がります。自律神経を整えるにはツボに対する調整と、マッサージ系によるリラックスが自律神経を整え血管運動の促進、改善を促してくれるものと考えております。


CASHÉLではこういった理由から逆子のお灸、逆子鍼灸にマタニティオイルトリートメントを取り入れ始めました。


きちんとした数字としてのデータがないのが申し訳ありませんが、オイルを導入したことで逆子改善率がアップしたのは事実です。もちろん、残念ながら100%ではありません。


それでもリラックスができるオイルトリートメントで血流や保ホルモンの流れを整えて、逆子改善にためのマタニティケアをご提供していきます。


CASHÉLでは一つの調整法にこだわりません。あらゆるジャンルからのヒントを得て、逆子治療に向けて改善をしながら取り入れています。

逆子のお悩みはCASHÉLにぜひお任せくださいませ。 

   

逆子のお灸による改善率向上のための5つの施術

マタニティ料金ページ