暑さが振り返したり、急に冷えたり、湿気が強かったりと妊婦さんにとって体調を崩しやすい時期になってきました。
そんな中、逆子の鍼灸とマタニティ整体を受けられた妊婦さんから逆子の報告をいただきました。
写真はNGなので、参考画像となります。




今回は症例報告となります。

  • お名前:K様
  • ご年齢:35歳
  • ご職業:頭脳系のかなり崇高なご職業(疲労度合い強め)
  • 体型は背が高く、肌が白いので脾経と副腎が疲れやすい傾向かな?と考えます。
  • 妊娠31週の妊婦さんです。


うれしいことに、逆子は改善されたようでK様もかなりほっとしたようです。もちろんご報告をいただいた私も、ほっといたしました。これは何度施療しても結果をお聞きするときはドキドキしてしまうものです。


K様のお仕事は肉体面、精神面をフル回転させてのご職業なので疲労感がとてつもないこととなっています。


元々オイルマッサージや整体、タイ古式マッサージがお好きで妊娠する前から現在もエステなどに足繁く通われておられる方ですので、しっかりめの刺激を御所望でした。私も施術しながら「かなり刺激慣れしている」とお話しさせていただきならが調整をしていました。


子宮や卵巣などの生殖器関係の問題はなく、疲労や元々の捻れ体型、骨盤のズレからも逆子になられている様子でしたので、逆子に使用するツボ以外に鎖骨近辺、股関節の鼠蹊部へのお灸を。これは棒灸と言われるまさに棒状のお灸で鼠蹊部を輻射熱であたため、リンパや毛細血管の流れを促進させるために行います。もちろんツボのラインもございますので、気血を整えるためのお灸となりました。 


整体がお好きなK様には股関節のストレッチ関節調整を行い、お尻や太腿の裏のハムストリングスもストレッチして、お尻や腰骨にかかっている負担を分散できるように施術していきます。 


お尻や太腿の筋肉は骨盤を支える強くて大きな筋肉ですから、これらの筋肉をしっかり動かせるように施術することは逆子の治療としても大事な方法となります。 


他にもヘッドスパや肩甲骨剥がし系の調整、胃の圧迫が出てきたために背中の筋肉調整など、全身調整となりました。


K様の場合は逆子のための必要な施術のみならず、疲労回復のための癒しとリラクゼーションをお望みでもあったために、通常より長めの施術となりますす。


このように、当院では逆子の原因が疲労やメンタル疲れからも起こり得る、というスタンスでもあるために癒しリラクゼーション系も重要視しているのです。K様には逆子の鍼灸治療とともにこれらの調整が合っていたのだと考えております。 


補足ですが、ストレスからか甘い物がお好きなK様は甘いもの系を少々頂きすぎな兆候がお体に現れているので、瘀血も少しおありなのが気にはなりますす。甘いものを取りすぎると瘀血が発生しやすくなるので、逆子への影響が少しは考えられます。妊娠中は甘いものを控えるように心がけていただくと良いかと思います。 


往診・出張のみの施療となりますが、逆子他、妊婦さんのお悩みはなんでもお気軽にご相談くださいませ。 


初めての方限定でトライアル料金設定のご用意もございます。
トライアル

通常Menuのページ


妊婦さんに関連するページのご案内
逆子のお灸
マタニティ整体
妊婦さんの美容鍼


当サイトのHomeに戻る
Home


予約する
メールによるご予約

お問い合わせ・ご予約 

ラインを登録

LINE予約