• お腹を出している妊婦さん

    陣痛促進・予定日超過(オキシトシン誘発)の鍼灸治療
    マタニティ・産後出張専門鍼灸院CASHÉL

    目黒区自由が丘・渋谷区・代々木上原・恵比寿・中目黒・下北沢・横浜市青葉区・都筑区・港北区・町田
    荏原中延・南大沢・新百合ヶ丘など東急線沿線に出張

〜予定日超過しているのに陣痛が来ない妊婦さんに・ご自宅で受けられる、陣痛促進の鍼灸、マタニティマッサージ整体〜

デリケートな内容が含まれますことをご理解、ご容赦くださるよう、お願い申し上げます。

image

子宮収縮がない。すぐに収まってしまう
予定日に近いが陣痛が余りない
帝王切開は絶対避けたい
冷え症で悩んでいる
ストレスがある
陣痛促進剤は使用したくない

冷えやストレスなども考えられ、お灸や鍼治療とともに自律神経調整やリラックスすることも陣痛促進には大事な調整となります。

陣痛がなく、予定日を超過されてご心配な妊婦さんに

陣痛促進、子宮収縮のための施術

「もう予定日を過ぎているのに」「そろそろ陣痛が来てもおかしくないはずなんだけど」「陣痛の兆候が見られない」

  • 陣痛促進剤を使用すると言われて怖い
  • 陣痛促進剤を使用して苦しんでいる人を見てるから使いたくない
  • 妊娠40週を過ぎているのに兆候がない
  • 安産であってほしい。安産の施術を受けたい
  • リラックスできるマッサージを受けたい

予定日になっても陣痛が来ないお悩みはありますか?

陣痛が来なくて不安で仕方がないという妊婦さんは増えています。待ちに待った予定日が間近でもあるにもかかわらず、兆候がない場合や予定日をとっくに過ぎているのに陣痛がないと「私はどうなるの?」「赤ちゃん大丈夫かしら?」とご不安なことだと思います。

病院は予定日を過ぎてしまうとお薬を使用しますが、なるべくなら使いたくない、というのがあるのではないでしょうか?

とても心配な妊婦さんへのオキシトシン誘発、陣痛促進をするためのお灸や子宮収縮させるためのマッサージ鍼灸のご案内です。

正期産

正期産の期間は妊娠37週から41週6日までを指します。
この期間にご出産されるのが理想となります。

  • 妊娠22週から妊娠36週までお産となった場合は「早産」となります。
  • 妊娠42週以降のお産を「過期産」と言います。

予定日を超過してしまうと赤ちゃん、ママへの怖い影響

予定日を超過してしまうと妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも重要な事態が起こってしまいます。予定日超過をしてしまっている妊娠を「過期妊娠」といいます。
予定日超過の過期妊娠になった場合の影響は以下のような問題が起こり得ます。

  • 胎盤機能の低下
  • 羊水の量、質の大幅低下、便が混ざる
  • 赤ちゃんが大きくなり過ぎてしまう難産
  • 赤ちゃんへの酸素供給率の低下による胎児、新生児の酸素欠乏
  • 分娩前の胎便というお腹の中で便をしてしまう症状
  • 新生児集中治療室でのケアの必要性
  • 会陰部を裂傷してしまう可能性の増大
  • 分娩時の多量の出血

予定日を超過してしまうことでママさんにもお赤ちゃんにも高リスクが発生してしまいます。特に赤ちゃんに対してのリスクが高く、排便した便を飲み込んでしまうことによる「出生直後の呼吸困難」など重大な問題に発生しかねません。

上記の項目をいくつかご説明させていただきます

陣痛誘発のためのお薬はお薬なので副作用は必ずありますし、お薬による陣痛はほとんどの方が「きつい、痛い、苦しい」思いをされています。これはお薬で強制的に陣痛を促しているために、通常の陣痛よりも、苦しさが増大してしまうためです。

通常よりも苦しい陣痛を経験せず、お薬をなるべくなら使わないようにするためにも鍼灸やマッサージを受けられること、セルフでのマッサージを強くおすすめいたします。

胎盤機能の低下

妊娠42週を過ぎてくると骨盤の機能が低下し、羊水の質の低下、量の減少によりお腹の中の環境が悪化して栄養素、酸素供給がうまくいなかくなり、赤ちゃんはとても苦しい状態になってしまいます。

お腹の環境が悪くなることによる赤ちゃんへの影響

羊水の質や量が少なくなってしまうことで、赤ちゃんが苦しくなってうんちをしてしまい、その便が赤ちゃんの体内、肺に入ってしまうことで肺の機能が低下し、出生後に呼吸困難に陥ってしまうことで新生児集中治療室でのケアが必要になってしまうケースも考えられます。予定日超過は時に、赤ちゃんへの影響がとても大きくなってしまうことになります。

陣痛促進に大切なこと

子宮口が開きにくい、子宮自体が硬い問題や内外の生殖器自体の冷え、ストレスなど、お産に影響があるアドレナリン優位状態を除去すべく、デリケート部位も含めたマッサージが大切になります。癒し系と治療系、ツボを押さえた鍼灸マッサージは高い結果が期待できる可能性があります。

陣痛促進、子宮収縮のためにすべきこと

ウォーキング
軽めの運動
アドレナリン除去のマッサージ
乳頭マッサージ
会陰マッサージ
温活
全身オイルマッサージ
鍼灸治療
マタニティ整体

乳頭、乳輪、乳房マッサージはリラックス効果やオキシトシン誘発、子宮収縮として医学的にもほぼ立証されており、分娩当日でも「乳首マッサージ」をしながらのお産もあるほど大切かつ、重要で正当なマッサージ、調整法です。もうすでに認知されている方も多いマッサージ法ですね。

これ以外にも腰、お尻のマッサージ、ストレッチ、雑巾掛けや四つん這いで腰を振る体操、陰部・尾骶骨をマッサージや温める調整など様々な方法があります。

現代人に多いアドレナリン優位傾向はお産を難しくしてしまう

冷えやストレスもお産には関連があり、過去の疲労が今になって影響していることも実はあるのです。ストレスはアドレナリンを優位にさせてしまいます。アドレナリンは不安やストレス、疲労、冷え、恐怖からも放出されてしまいます。

アドレナリンが優位になりすぎてしまうとオキシトシン誘発を阻害し、血管が収縮して子宮や生殖器に十分な血流が供給されにくくなります。これは、お腹の赤ちゃんへの栄養や酸素供給も減少してしまう傾向から赤ちゃんが苦しくなってしまいます。

こうしたことからストレスを除去するためと、リラックスするための癒し系のマッサージも大切な調整法になります。

またアドレナリン優位は会陰など外陰部への血流も不足気味になることが考えられ、冷えてしまうことで会陰部の柔軟性が低下し、お産のときの「会陰裂傷」につながります。

外陰部マッサージである会陰マッサージは行いにくいかもしれませんがアドレナリン調整、陣痛促進、オキシトシン誘発、会陰裂傷の予防のためにもほぼ必須な大事な調整法です。 セルフでしっかりケアされてください。

陣痛に必要な子宮収縮のためのオキシトシン

オキシトシンは近年、リラックス、愛情ホルモンと呼ばれて知られるようになりました。このホルモンが知られるようになったのは近年が「ストレス社会」と言われている所以だと思います。

ストレスが溜まっていると子宮を収縮させるためのホルモンが分泌されにくくなります。オキシトシンは子宮収縮を促す、陣痛促進のための物質そのものですが、人体から出るオキシトシンはお薬ほど強力ではないため、予定日超過の妊婦さんにはホルモン放出を促すための調整が大切になります。

オキシトシンは心を落ち着かせる作用があり、リラックスができるホルモンとして医学的にも証明されている、重要なホルモンです。

主には乳頭や乳輪、乳房などへの刺激で出るホルモンで、吸啜(きゅうてつ)という乳首を吸う行為で、最大限発揮されるホルモンです。

リラックスすることで放出されるために、背中や足などへのマッサージやスキンシップなどでも分泌が促進されます。

そのためにオキシトシンを誘発するためのマッサージとしてCASHÉLでは鍼灸のツボ療法とともにオキシトシン誘発マッサージ系整体を重視しております。

日頃からもセルフ、パートナーからのマッサージを受けるようにしましょう。

陣痛を促すツボ

陣痛を促すツボとして有名なのが「三陰交」があります。逆子のお灸としても不妊治療としても使用されるツボで、女性の生殖器官と密接な関わりがあります。

三陰交は子宮と繋がっているツボとも言われ、三陰交への刺激は子宮が収縮を始めるきっかけとなるツボでもあります。

また三陰交以外にも安産や陣痛を促したりするツボもあります。

  • 肩井:肩こりに使用されるツボですが、子宮収縮を誘発させる作用があります。
  • 太衝:足の甲。親指と人差し指の間にある押すと痛いツボ。
  • 次髎:仙骨にあるツボで生殖器をコントロールする神経が出入りしている箇所です。
  • 至陰:足の小指の爪の生え際にあるツボ。逆子にも使用されます。
  • 小腸兪:仙骨孔の一番上の外側。腰痛や安産でも使用されます。
  • 胞肓:仙骨の外側、お尻にあるツボ。子宮との関わりが高いツボ。

他にも腰や臀部にも適用できるツボは多数ございます。

デリケート部位にあるが効果が非常に高いツボ

気軽にできる調整部位ではありませんが、効果が期待できるツボとして記載させていただきます。

乳中:乳首そのものがツボで教科書にも記載されおり、国家試験によく出題されるツボ。鍼やお灸は禁忌ですが、マッサージによるオキシトシン誘発、子宮収縮の効果が非常に高いツボ。乳腺炎、バストアップ、肋間神経痛や肋骨の痛み、胃腸系、首のこり、ヒステリーなどにも効果があると言われています。

会陰:膣口と肛門の間にあるツボ。頻尿の効果が期待されるツボですが、リラックス効果や子宮とも関連があるために押さえておきたいツボです。また会陰裂傷を防ぐための会陰マッサージとしても調整をする箇所でもあります。意外かもしれませんが、鍼を打つことは認められているツボです。ただし、鍼に関しては通常は女性には行うことが少なく、男性への泌尿器系の治療としては使用されることがあります。男女とも年齢問わず、頻尿にはよく効くツボとされています。

また会陰は産後の尿漏れなど骨盤底筋と深い関わりがあるツボで骨盤底筋を鍛えたり、引き締めたりでも着目しているツボです。産後のフェミニンケアとしても意識をしてケアをされてください。

会陰や乳中はデリケート部位ではありますが、高い効果が期待できる大切な箇所です。

陣痛促進剤の影響

お医者様では陣痛が起きない時に、ある一定の条件下で陣痛促進剤を使用します。オキシトシン投与は陣痛を誘発するためにとても有効ではありますが、副作用はゼロではありません。

副作用とされているものは

  • 胎児、新生児へのショック症状的なもの
  • 強すぎる陣痛による苦しさ、子宮破裂
  • 胎児仮死のリスク、黄疸

オキシトシンを使用した妊婦さんの中には痛みが強く出てとても苦し状態にも関わらず中々お産につながらず、苦しい時間が長時間続いてしまった妊婦さんも多数おられるようです。

お医者様ではないのでこれ以上のことは明記できませんが、こういったリスクがあることから、なるべくならお薬は使用しないようにしていきたいものです。

それでも陣痛が来ないなどの検査や相談はしっかり医師と行ってください。

CASHÉLの陣痛促進の基本施術

まずは一般的に行われている予定日超過のための陣痛促進、子宮収縮調整を行います。

一番大切な「三陰交」へのお灸とともに腰、足首周り、お尻、仙骨、手、首周りなどにお灸、鍼を行っていきます。

またオキシトシンを誘発させるためのマッサージは、背中や腰などへの施療でも血中オキシトシン濃度が高まることも研究されています。

まずは一般的な施療を行なって子宮に対する陣痛促進のための施療を行なっていきましょう。

① 鍼灸治療
② ツボ押し調整、関節調整などの整体法
③ オキシトシン誘発、リラックスのためのオイルマッサージ

お灸は通常のお灸から棒灸、ローラー灸で全身へのお灸を行なっていきます。

目安としては予定日を超過しているわけですから、毎日行っていくのが理想です。

はやめのご相談をおすすめいたします。

陣痛促進、安産のためのローラー灸による施療

お灸による三陰交や次髎(じりょう)、肩井(けんせい)といったポイントとなるツボを中心に、関連する部位など全身へのお灸、鍼治療を行なっていきます。

またローラー灸というお肌の上を転がして温めていく、お灸で冷えや自律神経調整を行なってもいきます。

ローラー灸は通常では行えないけれど、マッサージなどで子宮収縮を促す大切な箇所へのお灸が可能となりました。温めながら調整を行なっていきます。

背骨に沿って背中を温めていきます。背中は自律神経の「交感神経支配領域」です。温めながら、緊張した交感神経を鎮めていきます。

仙骨部位は「副交感神経支配領域」となります。ローラー灸で温めながら、リラックスを促していきます。

また頭部への施術も行えるために、ヘッドスパをお灸で行えます。頭部はお腹と繋がっており、当院での逆子の施術でも胎動がはっきりと認められる部位で、驚かれる妊婦さんが多いのです。

股関節や恥骨部位はお腹をあたため子宮への熱をしっかり伝導できる箇所でもあります。また冷えやむくみとも関連があるために、リンパの流れを促進させる効果が期待できます。

足裏も温めることで腰への負担が減り、骨盤内蔵器である子宮への良い効果が期待できます。腰痛や産後骨盤矯正でも足裏は必須です。

このようにお体には温めたり刺激を入れてあげたい箇所が多数あります。妊婦さんお体の状態によって、フルで行う場合やポイントだけの調整などオーダーメイドで調整を最適化していきます。

CASHÉLでの実際のマタニティ鍼灸治療の様子

image

肩井という、普段は肩こり時に使用されるツボも陣痛促進に期待ができるツボです。肩こりの時に一番押したくなる場所が肩井というツボです。また、リラックス目的や自律神経目的で肩井の周りにも鍼やお灸をしていきます。またマッサージなどでヘッドスパ、肩や胸部、首などへの施術を促して自律神経のバランス、子宮収縮を促すマッサージも行います。

image

逆子や不妊、PMSでも使用される仙骨にある「次髎」も生殖器への神経が出入りしている箇所でもあるために、陣痛を促すツボとして施療していきます。また、お尻や腰への施術も陣痛促進、安産としても報告、研究が進んでいる部位です。他にも足裏、ふくらはぎ、デリケート部位でもある股間部や鼠蹊部、恥骨、下腹部へのお灸やマッサージも行って子宮収縮を促していきます。

上記の施術内容はベーシックな調整法です。これら以外にも様々な方法のご用意がございます。

お一人お一人のお悩みやお体の状態、お考えを尊重しつつ、おすすめの調整法を最適化してご案内させていただきます。また、ご相談と言う形や全てお任せと言った施療法も承っております。お気軽に、しかし早急なご連絡をお待ちしております。


出張地域

これら以外もご相談くださいませ


出張費用が無料の地域
東京都

町田市、多摩センター、南大沢


神奈川地区

横浜:青葉区、都筑区、港北区、緑区
川崎:麻生区、宮前区、高津区

出張費用が2,000円の地域
東京都

目黒区、世田谷区、渋谷区、大田区、港区、品川区


神奈川地区

横浜:中区、南区、鶴見区、神奈川区、旭区、保土ヶ谷区
川崎:幸区、中原区

主な出張地域、駅名
東京都

・町田、多摩センター、南大沢
・自由が丘、二子玉川、奥沢、都立大学、学芸大学(鷹番、五本木)、代官山、恵比寿、中目黒
・表参道、下北沢、青山、白金、広尾、上野毛、等々力、尾山台、旗の台、荏原中延、武蔵小山、大岡山、洗足、北千束
・代々木上原、用賀、駒沢、深沢、八雲、池尻大橋、三軒茶屋、三宿、五反田、不動前、多摩川、田園調布


神奈川地区

横浜:青葉台、長津田、田奈、市ヶ尾、藤が丘、あざみ野、たまプラーザ、センター北、センター南、仲町台
川崎:新百合ヶ丘、登戸、溝口、梶ヶ谷、宮前平、鷺沼、武蔵小杉、武蔵新城、元住吉


路線でのご案内

東急田園都市線(南町田から表参道まで)
東横線(菊名から渋谷・明治神宮まで)
東急池上線(雪が谷大塚から五反田まで)
東急目黒線(日吉から目黒)
東急大井町線(二子玉川から旗の台まで)
小田急線(町田から新宿まで)
を中心に出張を致します。

その他の地域、ご相談くださいませ。

© 2021 CASHÉL

予約をメールでする