本日は川崎市中原区武蔵小杉近隣へのマタニティ鍼灸および整体を行なってきました。

妊婦さんの整体、オイルトリートメント、鍼灸は国家資格を保有したCASHÉLへどうぞ。  


妊娠32週の妊婦さんの肩こりと首、肩甲骨への出張鍼灸に行って参りました。

T様

34歳/看護師の妊婦さん  

職業柄、気を張っていないといけない部分と一日立ちっぱなし、あるいはパソコンとの格闘とお体もメンタルも毎日フル回転な妊婦さんです。


妊婦さんのお身体の状態

元々妊娠前から肩こりや眼精疲労、首こりはご自覚があって職場近くの鍼灸整骨院へ通われておられたそうです。

妊娠してからはその鍼灸整骨院では施術をお断りされてしまったそうで、CASHÉLへご連絡をいただいた次第であります。

  • 体系は色白系でスレンダー
  • 筋肉量はあまり多くありません
  • 残業などで肉体的にもかなり疲弊しておられます
  • ストレスも強く、溜め込んでしまうタイプに見えます

勤務される病院等で忙しさが変わるそうなんですが、今の職場はかなりの激務だそうで、疲れが蓄積されていくばかりだそう。

肩こり、首こり以外にも冷えを自覚されておられ、ついで血液の状態も「瘀血」が出ているご様子です。

看護師さんではありますが東洋医学の知識もおありだそうで、瘀血対策もご自身でおやりになられているそうですが、如何せん疲労の入力の方が上まってしまっていることから、なかなか解消はされにくいそうです。


まずは妊婦整体から

逆子や切迫早産の心配もなく、産婦人科のお医者様より「マタニティ鍼灸」「マタニティ整体」の許可を得られております。


横向きから開始していきました。いわゆる肩甲骨剥がし系の調整をしつつ、首のストレッチを行い縮こまった頸部の筋肉をストレッチしていきました。


この横向きので頸部ストレッチはかなり伸ばせることから、首こりや肩こりが強い女性の方に大変にご好評をいただいております。この調整法は寝違えや四十肩の肩関節周囲炎にも調整をしている方法です。


肩甲骨剥がしもかなり有効ではありますが、引き上げすぎて肩関節周りの靭帯を痛めてしまうこともあることから、力任せに行うと後で大変なことになることが懸念されます。もしセルフで行うときは十分に注意をされてください。


肩甲骨の内縁部をしっかりほぐしていきます。ここは膏肓(こうこう)というツボで菱形筋上にある経絡です。


このツボは寝違えや背部痛、肩こり、姿勢調整、頭痛にも使用することがあり現代の日本人女性のコリ率はナンバーワンと言っても差し支えがない箇所です。

膏肓をしっかり調整しておくと頸部のこりを調整するためのベース作りになります。


腕、手のひら

首こりや肩こりに必ずと言って良いほど付随してしまう疲労部位が前腕部分と手のひら。


手のひらには労宮(ろうきゅう)というツボがあって、このツボは労が集まる(宮)ということからこの名前がついています。やはり労宮も頭痛、肩こり、首こりの女性には必ず気持ちが良いと言われる、もしくは痛い箇所でもあって大切な調整箇所です。


肩こり首こりとデコルテ

デコルテは最近、認知度も高くリンパ調整に整体施術をされることが知られています。もちろんこれは正しく、リンパ調整のために私も使用しますが、今回はリンパのみならず浅い呼吸の調整、頸部筋へのアプローチとして調整をしていきます。


ストレスと浅い呼吸

元々女性は胸式呼吸となっています。これは妊娠することから腹式呼吸だとお腹への影響が出てきてしまうために胸式呼吸なんだそうです。でも、胸式呼吸だとリラックスするためには不向きで、ストレスがあって肩こりも強い女性はほとんどが本来よりも浅い呼吸になってリラックスが出来ていないと感じます。


そのためにもデコルテもしっかりお灸などをして筋肉、神経の緊張をほぐし血流促進を促してリンパ管がスムーズに開くように調整をしていきました。


これだけで全てのストレスが解消されるわけではありませんが、少なくとも呼吸は楽になり、眠り、睡眠に質が向上し、脳疲れや自律神経が整いやすくなると考えられます。


鍼の響き

こちらの妊婦様は鍼刺激に慣れておられていることから、鍼を打った時の「ずぅ〜ん」という鍼特有の響きがとてもお好きなんだそうです。もちろん、強すぎて動けなくなるほどの響きはお嫌だそうですが、響き、をお求めになられています。そして鍼がお好きな女性はほとんどがこの響きがないとNGになってしまうこともあるくらいです。


お灸

妊婦さんということもあって安産のための調整も加味しておくことと、自律神経の関連から仙骨部、腰部へのお灸は行っておきたいところです。これには棒灸を使用して腰回りを温めます。今回の患者様への写真ではないのですが、ご紹介させていただきます。

妊婦さんへの棒灸の使用例

こちらが妊婦さんの腰部への棒灸を使用した例となります


上の写真のように黒く長いものがスモークレスな棒灸です。煙はほとんど出ませんが、これだけ太いと「炭」の臭いがしてしまいます。ですがこれもほとんどの女性は「この香り好き!」とおっしゃられるので私はその度にびっくりしてしまいます。


こうして腰部を温めると自律神経も整ううえに、婦人科系の調整にもなることから安産の調整にも大切なお灸となります。


自律神経を整えると緊張しっぱなしな交感神経がほぐれてきて副交感神経が優位になってコリや緊張から解放されやすくなります。


こうして肩こりや首こりの痛みはメンタルや脳疲れによるお体の緊張をほぐし、さらに骨格筋をほぐすことでリラックス度が増して痛み等の緩和につながります。


今回の妊婦様はお灸の熱に対して反応が良く、妊婦様ご自身からも「足の温まって全身ほっこり」とお喜びのお声を頂戴いたしました。


今現在、こちらの妊婦様は月に二回ほど出張させて頂いております。

今回のコースは

マタニティ鍼灸整体 90分コース

一般価格:12,000円+出張費1,000円の合計13,000円ですが、

継続割を適用いたしまして、交通費込みの12,000円となります。

※川崎市中原区は出張費用が1,000円地区となります。ご了承くださいませ。

出張地域や費用いついてはこちらをクリックして下さい。

出張費および地域


当院は整体も本格的に行える鍼灸院です。

肩こりや腰痛など妊娠中、産前産後、女性のお辛いお悩みには全身のマッサージ系、オイルトリートメント、骨格矯正などの整体に経絡を整える暖かいお灸をセットに行うコースをおすすめしております。

マタニティ整体にお灸をぜひご体験くださいませ。