予定日超過しているのに陣痛が来ない妊婦さんに・ご自宅で受けられる、陣痛促進の鍼灸、マタニティマッサージ整体

デリケートな内容が含まれますことをご理解、ご容赦くださるよう、お願い申し上げます。


陣痛促進、子宮収縮のためのご説明

「もう予定日を過ぎているのに」「そろそろ陣痛が来てもおかしくないんだけど陣痛の兆候が見られない」

このようなお悩み、ご不安はございますか?

  • 陣痛促進剤を使用すると言われて少し怖い
  • 陣痛促進剤を使用して苦しんでいる人を見てるから使いたくない
  • 妊娠40週を過ぎているのに兆候がない
  • リラックスできるマッサージを受けたい

陣痛が来なくて不安で仕方がないという妊婦さんは増えています。待ちに待った予定日が間近でもあるにもかかわらず、兆候がない場合や予定日をとっくに過ぎているのに陣痛がないと「私はどうなるの?」「赤ちゃん大丈夫かしら?」とご不安なことだと思います。 


病院は予定日を過ぎてしまうとお薬を使用しますが、なるべくなら使いたくない、というのがあるのではないでしょうか? 


とても心配な妊婦さんへのオキシトシン誘発、陣痛促進をするためのお灸や子宮収縮させるためのマッサージ鍼灸のご案内です。




正期産

正期産の期間は妊娠37週から41週6日までを指します。
この期間にご出産されるのが理想となります。

  • 妊娠22週から妊娠36週までお産となった場合は「早産」となります。
  • 妊娠42週以降のお産を「過期産」と言います。




予定日を超過してしまうと赤ちゃん、ママへの怖い影響

予定日を超過してしまうと妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも重要な事態が起こってしまいます。予定日超過をしてしまっている妊娠を「過期妊娠」といいます。
予定日超過の過期妊娠になった場合の影響は以下のような問題が起こり得ます。


  • 胎盤機能の低下
  • 羊水の量、質の大幅低下、便が混ざる
  • 赤ちゃんが大きくなり過ぎてしまう難産
  • 赤ちゃんへの酸素供給率の低下による胎児、新生児の酸素欠乏
  • 分娩前の胎便というお腹の中で便をしてしまう症状
  • 新生児集中治療室でのケアの必要性
  • 会陰部を裂傷してしまう可能性の増大
  • 分娩時の多量の出血


予定日を超過してしまうことでママさんにもお赤ちゃんにも高リスクが発生してしまいます。特に赤ちゃんに対してのリスクが高く、排便した便を飲み込んでしまうことによる「出生直後の呼吸困難」など重大な問題に発生しかねません。


上記の項目をいくつかご説明させていただきます


陣痛誘発のためのお薬はお薬なので副作用は必ずありますし、お薬による陣痛はほとんどの方が「きつい、痛い、苦しい」思いをされています。これはお薬で強制的に陣痛を促しているために、通常の陣痛よりも、苦しさが増大してしまうためです。 


通常よりも苦しい陣痛を経験せず、お薬をなるべくなら使わないようにするためにも鍼灸やマッサージを受けられること、セルフでのマッサージを強くおすすめいたします。


胎盤機能の低下

妊娠42週を過ぎてくると骨盤の機能が低下し、羊水の質の低下、量の減少によりお腹の中の環境が悪化して栄養素、酸素供給がうまくいなかくなり、赤ちゃんはとても苦しい状態になってしまいます。


お腹の環境が悪くなることによる赤ちゃんへの影響

羊水の質や量が少なくなってしまうことで、赤ちゃんが苦しくなってうんちをしてしまい、その便が赤ちゃんの体内、肺に入ってしまうことで肺の機能が低下し、出生後に呼吸困難に陥ってしまうことで新生児集中治療室でのケアが必要になってしまうケースも考えられます。予定日超過は時に、赤ちゃんへの影響がとても大きくなってしまうことになります。




陣痛促進に大切なこと

子宮口が開きにくい、子宮自体が硬い問題や内外の生殖器自体の冷え、ストレスなど、お産に影響があるアドレナリン優位状態を除去すべく、デリケート部位も含めたマッサージが大切になります。癒し系と治療系、ツボを押さえた鍼灸マッサージは高い結果が期待できる可能性があります。

陣痛促進、子宮収縮のためにすべきこと、おすすめなこと

ウォーキング
軽めの運動
アドレナリン除去のマッサージ
乳頭マッサージ
会陰マッサージ
温活
全身オイルマッサージ
鍼灸治療
マタニティ整体  


乳頭、乳輪、乳房マッサージはリラックス効果やオキシトシン誘発、子宮収縮として医学的にもほぼ立証されており、分娩当日でも「乳頭マッサージ」をしながらのお産もあるほど大切かつ、重要で正当なマッサージ、調整法です。もうすでに認知されている方も多いマッサージ法ですね。

 

これ以外にも腰、お尻のマッサージ、ストレッチ、雑巾掛けや四つん這い体操、下腹部・尾骶骨をマッサージや温める調整など様々な方法があります。 




現代人に多いアドレナリン優位傾向はお産を難しくしてしまう  


冷えやストレスもお産には関連があり、過去の疲労が今になって影響していることも実はあるのです。ストレスはアドレナリンを優位にさせてしまいます。アドレナリンは不安やストレス、疲労、冷え、恐怖からも放出されてしまいます。


アドレナリンが優位になりすぎてしまうとオキシトシン誘発を阻害し、血管が収縮して子宮や生殖器に十分な血流が供給されにくくなります。これは、お腹の赤ちゃんへの栄養や酸素供給も減少してしまう傾向から赤ちゃんが苦しくなってしまいます。 


こうしたことからストレスを除去するためと、リラックスするための癒し系のマッサージも大切な調整法になります。 


またアドレナリン優位は会陰部位の血流も不足気味な傾向になりやすくその結果冷えが考えられ、会陰部の柔軟性が低下しお産のときの「会陰裂傷」につながります。 


会陰マッサージは行いにくいかもしれませんがアドレナリン調整、陣痛促進、オキシトシン誘発、会陰裂傷の予防のためにもほぼ必須な大事な調整法です。 セルフでしっかりケアされてください。




陣痛に必要な子宮収縮のためのオキシトシン

オキシトシンは近年、リラックス、愛情ホルモンと呼ばれて知られるようになりました。このホルモンが知られるようになったのは近年が「ストレス社会」と言われている所以だと思います。 


ストレスが溜まっていると子宮を収縮させるためのホルモンが分泌されにくくなります。子宮収縮を促し、陣痛促進のための物質そのものですが、人体から出るオキシトシンはお薬ほど強力ではないため、予定日超過の妊婦さんにはホルモン放出を促すための調整が大切になります。 


オキシトシンは心を落ち着かせる作用があり、リラックスができるホルモンとして医学的にも証明されています。リラックスすることで放出されるために、背中や手足などへのマッサージやスキンシップなどでも分泌が促進されます。 


そのためにオキシトシンを誘発するためのマッサージとしてCASHÉLでは鍼灸のツボ療法、しっかり系の調整の他にもゆったりとできるマッサージ系整体も重視しております。


日頃からもセルフ、パートナーからのマッサージを受けるようにしましょう。


陣痛促進にマッサージ、鍼灸

マタニティマッサージ、鍼灸、整体は陣痛を促し、痛みを緩和させる方向にし、子宮収縮を促進するのに効果が期待できます。


マッサージや鍼、お灸は女性の腰痛などを緩和方向への改善目的に行われてきています。ここ最近では漢方であったりマッサージ、鍼灸と東洋医学の調整法を妊婦さんに薦めるドクターも増加傾向にあるようです。ただし、民間資格の整体ではなく、国家資格保有の鍼灸マッサージに限るようです。

婦人科系臓器の要因以外に陣痛でお悩みの妊婦さんに共通していることとは?


  1. 腰痛
  2. 肩こり
  3. 冷え
  4. むくみ
  5. 足がつる
  6. ストレス
  7. 眠りが浅い

といったお悩みも並行してお持ちの方が多いですね。このことから冷えやストレス、疲労は予定日超過の原因としてあげても差し支えがないと思います。



陣痛促進のためのマッサージ、指圧系の調整

指圧やマッサージを使用した陣痛促進はあまり行われていたり知られてはいないのですが、実際には分娩が近づくにつれてお辛くなってくる腰、背中、足をマッサージすることをすすめる助産師さんは多く、実際の現場でもマッサージが受けられる産院も増えています。

当院でもマッサージや整体、指圧系の刺激で陣痛を促し、普通分娩での痛み緩和効果の経験も多数ございます。


陣痛促進マッサージ

基本系には陣痛に関連のあるツボ押しを基本としています。しかしながら現代の時代の妊婦さんの疲労度合いや疲労が蓄積してしまう原因は様々で、一概にパターン化できるものではありません。  

陣痛促進、子宮に対する効果があると言われている三陰交への刺激だけではなく、もともとコリのある背中、肩甲骨近辺を施術していくとお腹の張りが治ったりなど、解消法、効果が出る箇所はまさに様々です。  

 また背中に存在しているツボの流れである経絡は、正中線の他に外側に2つのラインもあります。しかしながら長年の経験から3ラインではなく、4ラインではないか?という考えの基に陣痛促進、マタニティマッサージやマタニティ整体を行なっています。

教科書では3ラインなのですが、施術の経験から疲労度合いが深く、病気ではないけれど内臓も含めた疲労が強いほどより外側に部位に「硬結」(コリのことを指します)が多く、また痛気持ちよく感じる場所も多くあります。

そういった教科書的ではないけれど実際としてのお身体の変調部位、コリが出ている箇所を丁寧に行うことで陣痛促進効果の期待がより高まります。




陣痛促進、痛み緩和のための代表的なツボ

腰回りはツボがたくさんあって、どれを押せば良いのか?どこにあるのか分かりにくいと思います。ここではマッサージ、お灸をすべき箇所をいくつか挙げてみます。


大腸兪

大腸兪(だいちょうゆ)と読みます。ここはぎっくり腰、慢性的な腰痛での調整箇所でもあって、腰がつらくなると押している方もおられる場所かと思います。

お腹が張って腰が痛む時も自然と指がいったり、パートナーに押してもらったりとしている箇所でもあるかと思います。


この場所は陣痛促進や安産としても調整される場所で行うべきとも言える大切なツボです。

大腸兪は五つある腰骨の下の方、腰椎4番目、正中線から指一本半くらい外側にあるツボです。そのツボをマッサージしてあげると腰の辛さが緩和傾向になって、血流も促進され陣痛促進や安産につながります。

安産は腰回りの緊張をとってあげることも大切な調整法の一つとなります。

この大腸兪にお灸や鍼をしてあげることでより効果が高まり、陣痛促進と安産の二つの効果が期待できます。


膀胱兪

仙骨という骨にあるツボです。この部位はツボの正確な位置を把握するのは難しいと思いますが、妊娠中によく痛くなって押したくなる場所です。場所的には第二仙骨の高さで正中線より1寸5分外側にあります。大腸兪と同じラインで下の方にあるのが膀胱兪です。ここも鍼やお灸、オイルマッサージによる陣痛促進の調整箇所となります。


肩井

けんせい、と読みます。このツボは肩こり時にとても押したくなる場所で、皆さん既に押した経験があるかと思うほどのポピュラーなツボです。

このツボは子宮収縮効果が高く、陣痛促進に効果が望めることから妊娠中は押さない方が良いとされているツボです。そのことから予定日が超過されている妊婦さんには大切な調整箇所と言えるツボです。


三陰交

とても有名な三陰交。逆子でも冷えでもむくみでも女性のお困りには必ず施術した方が良いと言えるツボです。予定日超過の陣痛促進にも行うべきツボと言えるでしょう。

場所は内くるぶしから指4本分上にあります。正確には内くるぶしから3寸上、脛骨内縁部という場所にあります。内くるぶしから指4本分上で骨の際で痛い箇所が三陰交です。


まだ他にも調整すべきツボや部位はたくさんあるのですが、個人差がかなりあることから問診や実際に調整をしながら調整部位を決めていきます。


これらのツボは37週を過ぎた状態であればセルフでもマッサージを行ったり、お家でお灸をして様子を見ていただけるツボです。ただしくれぐれもまだ予定日まで期間がある方、切迫早産などで安静にしておかないといけない妊婦さんは行わないでください。そういう時は当院にお任せくださいませ。


37週未満の妊婦さんでも同じ箇所をマッサージや鍼灸、整体を行うことはもちろん可能です。ただし専門家の経験が必要となりますので、セルフやパートナーにやってもらうときは優しく押してもらうようにしましょう。またお灸は火傷に注意をしていただき、熱いと感じたらすぐに取るようにされてください。



CASHÉLで行っている陣痛促進の内容

  1. 鍼灸(通常のお灸、ローラー灸、棒灸を含みます)
  2. マタニティ整体
  3. マタニティマッサージ(オイルマッサージ含む)

この三つの方法で陣痛促進のための調整を行なっていきます。また予定日超過の施術で多くいただくコースは

  • 1番多いコース:マタニティ鍼灸と整体コース 120分
  •  2番目に多い:マタニティオイルマッサージと鍼灸 120分

となっております。

現代の妊婦さんは働かれている方も多く、お身体だけではなくストレスや頭の使い過ぎによる頭の疲労、自律神経不調といったことが複雑に絡みあってお辛いお悩みが増えてしまわれています。

マッサージを長めに希望される妊婦さんが多いのもそういった時代背景もあるのではないでしょうか?




女性鍼灸師の妊婦さんも受けている当院の陣痛促進のための施術を写真でご紹介

女性鍼灸師の妊婦さんへの実際の鍼灸整体、オイルケアの写真です。


鍼調整

肩周りや背中などお産に大切なツボやバランスを崩して筋肉が硬くなっている部位へ適宜鍼を行います。また鍼に通電させる鍼パルスも行うことがあります。鍼パルスは予定日超過をされてしまわれている妊婦さんには行えるものです。


灸による調整(灸頭鍼)

三陰交をはじめ婦人科系に効果があるツボへのお灸を行います。写真は鍼の上にお灸を乗せて行う「灸頭鍼(きゅうとうしん)」という施術法です。


通常のお灸による調整

一般的に使われるお灸を使用した施術の写真です。気血を整える大切なお灸治療です。


免疫及び基礎代謝向上、ストレス軽減のための鍼とお灸調整



マタニティ整体

骨盤周りのアライメント調整をマッサージ系やほぐし、ストレッチを含めて全身を整えます。整体は身体均整法の方法を取ります。


アロママッサージ

陣痛促進には適度なリラックスが必要。緊張やストレスが多すぎると血流が停滞し子宮の動きも低下してしまいます。無添加オイルにて背中や腰、など全身を調整します。また陣痛促進にお灸よりも高確率な効果が期待できる乳房・乳頭・会陰マッサージも行うことがあります。


会陰部、骨盤底筋部位、膣ケアは妊娠中でも大切な調整になることがあります。また逆子にも高い効果が期待でき、お股の部分をしっかり温めてあげることは子宮を温めることと同義になり、安産にもつながります。最近では助産院さんで陰部を温めるアイテムが用意され始めているほどです。デリケートな部位ですが意識をしていくことが大切です。医師よりマッサージ等を禁止されている場合は従うべきことです。




陣痛促進に付随しているお灸  

陣痛促進のためにCASHÉLではお身体の状態に合わせていくつかのお灸を使用しています。

  1. 通常のお灸
  2. 棒灸
  3. ローラー灸

この三つを使用してお身体全体を温め、気血の流れやオキシトシンを誘発できるように調整をしていきます。


陣痛促進、予定日超過の施術で使用するお灸のご紹介

通常のお灸

CASHELで陣痛促進の調整に使用しているスモークレスのお灸

本来は「もぐさ」をお米くらいの大きさから半分くらいの大きさに小さくしたものをお肌の上に直接置いてお灸をしていくのですが、昨今の住宅事情により、煙の少ないスモークレスタイプのお灸が主流になりつつあります。当院では写真のように「筒に入った無煙灸」をお肌の上においてお灸をしていきます。




棒灸

妊婦さんへの棒灸によるお灸施術中の写真

文字通り棒状のお灸で太いお灸を基本的に使用します。お肌にかざして輻射熱を利用してツボ、お体を温めるものです。お肌に近づけたり離したりが可能なため、熱の加減をコントロールできるすぐれたお灸です。写真は実際の妊婦さんへの棒灸施術の様子です。


ローラー灸

マタニティさん、産後の女性に使用しているかシェルのローラー灸

ローラー灸とはCASHÉLが独自に命名したもので、一般ではこの名称を使用はしておりません。ローラー灸とは先が回転する筒状のローラーの中にお灸を入れてお肌の上を転がして熱を加えていくお灸です。使用するお灸は棒灸なのですが、直径が鉛筆ほどの棒灸を使用します。

このローラー灸では手ぬぐいをかけながらお体全身、胸部、下腹部(会陰部、膣口周り)、頭部、場合によってはお顔へのお灸も可能な優れたお灸道具です。陣痛促進調整時に使用することがあります。


お身体の状態にあわせてこれらのお灸を行なっていきます。


治療系とリラクゼーションを組みわせた陣痛促進の調整を出張にて施術いたします。

お気軽にお問い合せくださいませ。



出張エリア・施術料金リンク

出張エリア・出張費用 →

施術料金のご案内 →


マタニティ関連ページ

マタニティケアのページ →

逆子について →

安産のお灸について →

切迫早産について →

マタニティ整体 →

マタニティオイルケア →