腰痛がひどい、股関節もつらい。マタニティマッサージは臨月でも受けられる?鍼灸師が解説!


ここ数年で認知度が高まったマタニティマッサージ。

以前は妊娠中のマッサージはダメ!という意見が一人歩きしてしまって、我慢を強いられる妊婦さんがとても多かった時代がありました。

妊婦マッサージは実際には母体への影響は大きいのでしょうか?また赤ちゃんへの影響は?これらを解説していきます。




マタニティマッサージやアロママッサージは臨月でも受けられるの?

答えはずばり、YESです。むしろ臨月だからこそメンタルとお体のためにも、そしてお産やご出産後のお身体の回復を少しでも早くするためと、母乳のためにも受けいただくのがよろしいと思います。




そもそもマタニティマッサージはいつから受けられるの?

安定期(妊娠16周目から)とされています。

エステやアロマセラピーサロンなどマタニティ、産後専門のマッサージをおこなっているサロンでは一般的には16週目からとしている施術所が多いです。これは母体と赤ちゃんへの影響を考慮してのことだと思いますが、医学的根拠は実はありません。




では安定期って何?

実は安定期と表現をしてはいますが、目安であって安定期だから何をしても良い、というわけではないのと、そもそも医学的には「安定期」という表現は使用しません。妊娠中は状態が急変することもあって妊娠初期でも後期でも安定期ということはないのです。

そういった意味で安定期まで待ちましょう、という意見は実はナンセンスだと思います。




妊娠初期は受けられないの?

そんなことはありません。妊娠初期でも今までとは違ったお体になっているわけですから、つわり以外にもだるさや腰痛、メンタルへの様々な影響など今まで考えもしなかった状態になることもあるのです。

そういった時に「安定期じゃないから我慢!」はつらすぎますよね。

もちろん、医師からマッサージを禁止されている場合は別ですが、ほとんどの場合は許可されることも多くあります。ただし、一般的なサロンではなく国家資格を保有した治療院であれば許可が出ることがほとんどです。




では臨月はどうなの?

臨月であっても切迫早産など医師より運動やマッサージなどを禁止され、安静を指示されていない限り、あらゆる種類のマッサージを受けられます。


むしろ安産のため、臨月の腰痛のための腰、お尻、股関節に関連する筋肉、関節をほぐしておくことが安産にもつながっていくことが大いに考えられますし、助産院さんでもマッサージは薦められているほどです。また産院によってはマタニティビクスを行っている院もあるほどなので、ただじっとしているよりはお産に向けて積極的に、参加していくことが良いと感じます。




臨月の注意点はないの?なんでもOKってこと?

受けられるといっても諸手を挙げて全てOKです!というわけではないのですが、マッサージやマッサージしている時の姿勢に気をつけて行っていくことが大切になりますから、マッサージ中に不快な感じがしたら我慢をしてはいけません。当院でも随時、確認はしておりますが遠慮は無用です。

ストレスを除去するためでもありますから心地よいマタニティマッサージを行っていきます。




臨月のマタニティマッサージで期待できる効果って何?


むくみの解消、軽減

臨月に限らず妊娠中に多くの妊婦さんがお悩みになる浮腫み。妊娠していなくとも女性に多いお悩みでもありますね。妊娠中はこのむくみがひどくなってしまってだる痛い感じになる方もおられるほどです。

腎臓の影響など内臓系以外でのむくみは水分の代謝、つまり血流が停滞してしまうことで起きますから、腫れぼったくなるだけではなく、腰やお産にまつわる臓器への影響も懸念されますから、対処すべきお悩みですね。




腰痛、お尻痛、首こりの軽減

妊娠中はお腹が大きくなることで腰が反る傾向になります。そしてこのバランスを取るために普段使わない筋肉や関節に強う負担がかかることで、肩こり、肩甲骨周り、首こりからの頭痛などに進んでしまうことも多くあります。


もちろん腰が反っている状態ですから臨月の腰痛も多くの妊婦さんがお悩みになられている症状です。腰痛のための調整も安産も踏まえての調整が必要と言えます。


また股関節痛や恥骨痛といったマイナートラブルへの対応もマタニティマッサージは効果が期待できます。




臨月時は安産のためのマタニティマッサージを考慮していきます。

上記に記したように、妊娠中はお腹が大きくなって腰に負担がかかります。そして骨盤も緩んだ状態になって不安になってしまうことから、それを予防しようとして体は緊張してしまうこともあります。


この緊張をマタニティマッサージで緩和してあげることで安産につながる高い期待が持てます。また腰や太ももの内側の内転筋、臀部にあるツボを刺激してあげると安産につながりやすくなります。またこれらの部位は安産のツボがある部位でもあります。




妊娠中の緊張やストレス緩和のためのマタニティマッサージ

妊娠中はホルモンや自律神経の関連からメンタル面への影響が少なくはありません。臨月のマタニティマッサージはこれからのお産のための準備として、またママがリラックスすることでお腹の赤ちゃんも同じくリラックスできるから赤ちゃんのためにも大切なマッサージと言えます。




マタニティマッサージはどこで受ければいい?

ここ3年ほどで急激に増えたマタニティ対応のマッサージサロン。しかも出張対応もコロナの影響ですごく増えました。でもほとんどが無資格のサロンで国家資格を保有していません。ただ施術歴が長い施術者だと知識、技術もあってマッサージも上手な方もおられますから、流行りの店ではなく、個人でしっかりしたコンセプトをもったサロンであればおすすめです。


大手関連のマタニティサロンは概ね2週間ほどの研修を受けただけのアルバイトの人が多く、あまりお勧めはしません。でも検索すると上位を独占している状態です。私も以前そういうところに在籍していたことがあるので、よくわかります。そういったお店は年配のベテラン施術者がいませんのですぐわかります。


産婦人科のお医者様は無資格サロンではなく、鍼灸院やマタニティ専門の鍼灸院であれば許可をしているところがほとんどです。妊娠中のお店選びはまずは国家資格を保有しているサロン、院を選びましょう。



まとめ

臨月のマッサージはお産だけではなく、産後の肥立ちも考慮したマタニティマッサージです。お産のためにも赤ちゃんおためにもママがリラックスをして準備をしていきましょう。

 

臨月の妊婦さんにマッサージ、アロママッサージなどが良い理由のまとめ

  • 臨月のマッサージや整体は今後のためにむしろ受けるべき
  • ただしお医者さんから禁止されている場合は避けてください
  • 妊婦さんの腰痛や肩こり軽減目的にも
  • 臨月マッサージは産後の肥立ちのためにも受けるべき
  • お産に向けて妊婦さんの不安やストレスなどメンタルケアにも
  • 股関節を柔らかくし、安産のためにも大切なケア
  • 臨月に限らず、妊娠初期からも受けた方が良い


臨月にかぎらず妊娠初期からマッサージや鍼灸を承っております。気になること、お悩みがございましたらどんなに小さいことでもお気軽にご相談くださいませ。



リンク

Home

マタニティオイルマッサージ

逆子のお灸

安産のお灸

施術料金・コース