産後マッサージと心身の健康|治療とリラク系の融合

産後マッサージはいつから受けられるの?

実は産後すぐからでも受けられるんです。ただ条件があって腹部への強い調整や骨をポキポキならすような整体施術、アジャスト施術はすぐには受けられません。また帝王切開の有無でも受けられる時期、内容が変わります。以下にまとめます。


出張費用等についてはこちらを

コースと日時からご予約

LINEでご予約

産後すぐの場合

緩やかなマッサージとお灸治療はすぐにでも受けられますが、ふくらはぎも含めて強すぎはNGです。また腹部へのマッサージは撫でるくらいが理想となります。腹部へはお灸治療が最適です。


骨ポキ系などの施術や産後骨盤矯正

骨ポキ系はお体に問題がなければ軽めの調整であれば1ヶ月後を目処に。理想は2ヶ月後になります。ただし、2ヶ月後以降でも産後の肥立ちがあまりよろしくない場合などは無理には行えません。腹部調整も2ヶ月後であれば様子を見ながら調整をしていきます。医師から許可が出ない場合は行えません。軽めのマッサージかお灸調整になります。


帝王切開をされた場合

医師からも説明があるかと思いますが、産後骨盤矯正については帝王切開後は3ヶ月は間を置きます。ただし、お腹以外へのマッサージ系は行うことができます。もちろん強すぎるものは良くはありませんが、子宮の状態を保護しつつご出産時のお身体のダメージをお灸やマッサージで癒していきます。



産後マッサージの利点

もうすぐママになる方、お子様がおられる産後ママにとって、赤ちゃんの誕生は喜びに満ちた瞬間ですが、体への負担も実はすごく大きいものなんです。産後マッサージは、これらの負担から体を解放し、健康を促進する助けになります。産後マッサージの主な利点には次のようなものがあります:


  • 体のリラックスと疲労の軽減: 出産は体に大きなストレスをかけますが、マッサージを受けることで筋肉の緊張をほぐし、疲労を軽減できます。
  • 血液循環の改善: マッサージは血液循環を改善し、傷ついた組織の修復を助けます。これにより、傷跡の改善や腫れの軽減が期待できます。
  • ストレスと不安の軽減: 出産後のホルモンの変化や新生児のお世話に伴うストレスを軽減するのに役立ち、メンタルの健康をサポートします。


医学的根拠に裏打ちされた産後マッサージ

産後マッサージが健康に与える利益は、医学的にも裏打ちされています。研究によれば、産後マッサージは以下の点で有益であることが示されています:


  • 痛みの軽減: マッサージは痛みを軽減し、筋肉の張りを解消します。これは特に帝王切開などの手術を受けたママさんにとって効果的です。
  • ホルモンバランスの改善: マッサージはセロトニンやオキシトシンといった幸福ホルモンの分泌を促進し、抑うつ症状の軽減に寄与します。
  • 乳腺炎の予防: マッサージは乳房のうっ滞を防ぎ、乳腺炎の発症リスクを低減させます。

メンタルの疲労と産後マッサージ

ママになられた直後慣れていないことから肉体的な疲労だけでなく、メンタル的な疲労も強く考えれます。産後マッサージはメンタルの疲労を軽減するのに役立ちます。以下はその方法です:

  • リラックスと安心感: マッサージはリラックスを促進し、ママさんにとって安心感をもたらします。これにより、睡眠の質が向上し、ストレスが軽減します。
  • メンタルケアとケアの促進: マッサージを受けることは、ママさんがご自身を労わり、自信とセルフケアに時間を割くきっかけとなります。
  • 精神的な安定: マッサージはストレスホルモンの軽減に寄与し、精神的な安定感をもたらします。また自律神経の調整にも役立ちます。


リラクゼーションと癒しの産後マッサージ

出産後のママは体調の変化や育児に伴うストレスにさらされることがあります。東京で提供される産後マッサージは、心身の健康をサポートし、リラクゼーションと癒しを提供します。以下は、その効果的な方法です。


ヘッドスパとストレス軽減

産後は睡眠不足やストレスに悩むことが多いです。産後マッサージにはヘッドスパも行えますので、カチカチになっている頭部の緊張をほぐします。これにより、頭痛やストレスが軽減され、リラックスした状態でママとしての役割に臨むことができます。頭部には眼精疲労や頭痛の軽減、リラックスなど正式なツボも含めて調整部位としては重要な側面を持ち合わせます。治療系とリラクゼーションが融合している場所になります。


足裏リフレクソロジーと全身のリラックス

足裏リフレクソロジーは、足裏の特定のポイントを刺激することで全身のリラックスを促進します。産後のママにとって、足裏リフレは疲労の軽減や体のエネルギーのバランスを取り戻すのに役立ちます。また足の甲にあるツボである太衝や女性に大切なツボでもある「三陰交」や「足三里」も整えることでむくみや胃腸系、瘀血対策、足に疲労軽減に役立ちます。


腰痛、肩こり、首こりへのアプローチ

産後の体には腰痛、肩こり、首こりなどの不快な症状が現れることがあります。産後マッサージは、これらの症状を緩和し、正しい姿勢をサポートするのに役立ちます。体の不調を軽減し、快適な日常生活を取り戻しましょう。またオイルを利用して首こりで一番重要とも言える「胸鎖乳突筋ほぐし」もサロンと同じ施術法でほぐしていきます。許可があればお顔、おでこ、目の周り、顎の関節周りへのアプローチも行います。デコルテ、胸部全体までほぐしていきます。


抱っこや授乳のホルモンによる腱鞘炎、手首の痛み

産後は何もしていないのに急に手首が痛くなってしまうことが良くあります。これは抱っこだけが原因ではなく、母乳を生成するホルモンが関連しているとも言われています。この手首の痛みを「ドケルバン症候群」と言いますが、これは手首だけではなく肘や上腕、脇、首周りや肩甲骨、背骨の周りをしっかりほぐしてあげることが最良です。この時に鍼治療も同時に施術できますので、お気軽にご相談ください。マッサージでも産後整体としての関節調整、経絡反射術法、筋肉操縦法、ストレッチなどを交えても手技療法も同時に施療していきます。


オキシトシンとセロトニン:幸福ホルモン

産後マッサージは、オキシトシンとセロトニンといった幸福ホルモンの分泌を促進します。これらのホルモンは新しい母親のメンタルヘルスに寄与し、ストレスの軽減やポジティブな気分の増加をもたらします。最近は「タッチングケア」として呼ばれるようになり、医学的な根拠も証明されています。また鍼灸治療もこのタッチングケアに分類されているんです。セロトニンやオキシトシンはマッサージをしてあげることでさらに分泌されることが医学的にもわかっています。これを利用して腕や肩、背中、デコルテ、バストマッサージも含め全身を調整していきます。


メンタル疲労とストレスの軽減

新ママやお子様がおられる産後ママは育児の忙しさと睡眠不足によってメンタル的な疲労やストレスを感じることがよくおありではないでしょうか?産後マッサージは、リラクゼーションとセラピータッチを通じて、メンタルの疲れを軽減し、心身のバランスを取り戻すのに効果的です。上記のようにオキシトシンとセロトニン誘発を肝に調整を行います。


力加減も「弱め」「ゆったり目」「強め」「痛い系」「スピーディーな動き」など産後ママさんのお好みやお身体の疲労具合に合わせて、調整を行います。強もみOKです。


産後の大切な時期に、東京の産後マッサージ出張サービスを利用することで、心身の健康をサポートし、新しい母親が自分自身にケアを施す時間を確保できます。新生児のお世話に忙しくても、自分自身の健康を大切にし、リラックスと健康を手に入れましょう。




ご予約はこちらから

24時間いつでもコースメニューからご予約のお時間、お日にちをご選択できます。



お電話でのお問い合わせ

TEL:044-386-0828  

お客様専用ダイヤルです。お客さま以外の営業電話等は強くお断り致します。ご遠慮くださいませ。