マタニティ整体を受けたいけれど、どうなのかしら?

こうお考えの妊婦さんもとても多くいらっしゃるのではないでしょうか?

冷えやむくみ、腰痛といった妊婦さんに多い症状以外にもストレス、睡眠障害など自律神経や心のお疲れを強く認識されている妊婦さんはとても多く、職場以外にもパートナーからの理不尽な扱いなども多くあるようです。そういったことからの心とお体の疲労にもマタニティ整体はお役に立つと考えております。


通常のマッサージとマタニティ整体の違いは?

妊婦さんに整体をより安全に快適に受けて頂くには、マタニティ整体を受けるにあたっての姿勢、体位が大切になります。通常のマッサージや整体ではうつ伏せや仰向けのがメインとなります。

しかし妊娠中はうつ伏せはもちろんですが、お腹の状態や妊婦さんにとっては上向きに寝ることすら辛い、痛い、お腹が張る、といったことが起こり得ます。


妊娠中の上向き姿勢

お腹が大きい状態で上向き姿勢を続けると、大動脈、大静脈への圧迫が起こることが考えられます。そのために上向き姿勢時には膝の下に枕やクッションを置いたり頭の後ろにもクッション等を置いて腹部へ負担がかかりにくくしていきます。


妊娠中の整体・マタニティマッサージは安全?

妊娠中ということでエステやマッサージサロンで断られた、というご経験もあるのではないでしょうか?


肩こりや腰痛、メンタル系で疲労や辛さがピークに達しているけど断れてとても残念...。そういう妊婦さんも多いはず。

ではなぜ断られてしまうのでしょうか?それは、


妊娠中は何が起こるかわからないから。マッサージを受けて流産ということを避けたいから。


妊娠初期は流産も起こりやすい傾向にあるのは確かです。しかしながら過度にお腹をぎゅうぎゅうと強く押したり、仙骨や腰椎を強い刺激での指圧系や骨ボキボキしたり超音波、ハイボルテージなどの強い電気療法をしなければ、まずは考えられないことです。


マッサージで流産することは?

先にも述べたように流産を起こそうという行為をしない限りまずは起こり得ません。

マッサージや整体が流産に影響があったという研究は実はないのです。もちろん鍼灸もです。


流産は妊婦さん、ママさん本人が悪いものではありません。流産は防ぐのが難しい側面も実は持ち合わせています。


むしろ妊娠中のマッサージや整体は妊娠中の妊婦さんに有益であると主張する施術者や助産師さん、医師も増えてきています。


マタニティ整体はいつ受けるべき?

多くはいわゆる「安定期」に入ってから、というサロンがほとんどです。

安定期とは妊娠16週(妊娠5ヶ月)からのことで、妊娠にそろそろ体が慣れてきた頃、ということになります。


安定期といっても全てが安定しているわけではないのです。その証拠に妊娠後期のつわりやうつ、疲労感、だるさ、不安定さが出てくることもあって、医師自体も安定期という定義はないとされています。


しかしながら妊娠初期でも辛かったりリラックスしたいのも事実。ではどうすればいいのでしょうか?


妊娠初期時の整体は緩やかな刺激でツボを上手に使用した調整法であればむしりお体と心がの安定を図ることもでき、妊婦さんによってはつわり軽減につながることも考えられます。


もちろん、だからといってなんでもありというわけではありません。

穏やかに、緩やかに丁寧に施術していくことで良い刺激が心とお体の疲労を軽減してくれます。


お答えとして当院では妊娠初期からでも施術を受けていただいております。


マタニティ整体のメリット

ストレスの軽減:妊娠中はお体のことだけではなく、健康面や赤ちゃんのことなどこれからのことでも不安や考え込んで塞ぎ込んでしまう方も多くおられます。ストレスは筋肉を硬くし、固まった筋肉は血管や神経を圧迫して痛みやだるさ、自律神経を乱れさせてしまいます。


肩こりや腰痛、股関節痛などの軽減肩こりや腰痛は妊娠中に妊婦さんにとってどうしても関わってきてしまうことが多いお悩みです。他にも股関節痛、恥骨痛、坐骨神経や腰痛によるお尻痛、太ももの裏の痛みなど痛い系のお悩みも数多く存在します。

これらの痛み系の緩和には骨格調整や筋肉をマッサージしたり整体調整を受けることで少しでも軽減できるように促していきます。


睡眠の質向上:ホルモンバランスの関連や先に述べましたメンタル面の関連から睡眠の質が低下してしまう傾向にもあります。

睡眠に質が低下すると自律神経がさらに乱れやすくそのためにだるさ、むくみ、体のコリ、痛み、メンタル系への影響が増大する傾向に。

睡眠の質が下がると首の筋肉が過緊張を起こし、星状神経節への影響から自律神経の乱れ、首からデコルテ、側頭骨にかけての痛みやだるさ、腕にかけての痺れが出てしまう例もあります。

マッサージや整体にて睡眠の質を改善方向へと導きます。


頭痛:首の筋肉のコリや睡眠が浅い・ストレス・頭の使い過ぎによる緊張からくる筋緊張性頭痛を和らげる効果が期待できます。また副交感神経が上がりすぎによる頭痛にも効果が期待でき、自律神経を整えて内外のバランスを図ることを特徴とします。


むくみ・冷え:むくみや冷えも妊娠中のお悩みとして上位に来るお悩みです。むくみは血液の流れが停滞していることで発生することもあり、適度な整体・マッサージ療法は血液循環を促し、むくみや冷えを防止、抑制する効果が期待できます。


ホルモンの安定効果:気持ち良いマッサージや適度な整体調整はストレスホルモンを減らし、幸福感を得られるとされ知られているエンドルフィンを増やします。また適度なマッサージは幸せホルモンのオキシトシンやセロトニンをも促し、結果としてリラックスできる体内環境を促していきます。


神経系の痛みを軽減:お尻痛や足の痛み、痺れの原因として挙げられる神経痛。主にはお腹が大きくなることで腰椎や仙骨、お尻が圧迫されることによる坐骨神経が過緊張を起こして痛みが発生しやすくなります。

この坐骨神経も物理的に圧迫されてしまう「ヘルニア」にも整体やマタニティマッサージは効果的と考えられます。

凝り固まった筋肉が血管や神経を圧迫して神経を緊張させ、痛みが出てしまうことが多いことからマッサージや整体にて筋肉の過緊張をほぐして痛い軽減を促します。


安産:当院での経験でも妊娠中のマタニティ整体、鍼灸を定期的に受けていただくことで、結果として安全傾向が多いと感じます。

腰回りや下肢、デコルテや背中など安産に関連するツボやお体全体の骨格筋を柔軟方向にしていくことで、ストレスが少なくご出産されています。もちろん必ずではありません。


こうしたことから妊娠、出産前のマタニティ整体・鍼灸・マッサージはとても大切なマタニティケアと言えると信じております。またオイルトリートメントも香りやオイルによる刺激にてリラックスできる体内、脳環境を構築でき、エンドルフィン、オキシトシン誘発に有効であると強く感じております。


当院では妊婦さんが色々とご選択できるように鍼灸、整体、マッサージ系、オイルトリートメントなどのご用意がございます。


ご自宅やホテルなどの宿泊施設等でぜひ受けられてみてください。

どんなお悩みもご相談くださいませ。