多くの妊婦さんがお悩みになる腰痛や肩こり、むくみ。さらにストレスでお困りのマタニティさんも非常に多いのではないでしょうか?



指圧系、ほぐし系

マタニティマッサージ系などの指圧系は凝り固まった筋肉をしっかりほぐしてあげることで血流が促進され、痛み物質が除去されてお体が楽になりやすくなります。


手では届きにくい深い位置にある筋肉に直接アプローチができることで、コリや痛みの原因でもあるコアマッスルが解れやすくなり、結果としてお身体とても楽になりやすいものです。


お灸

妊娠中に限らず女性のお悩みでも上位に常に来る「冷え性」お灸はこの冷えに対するツボへのアプローチである東洋医学の考えと西洋医学の神経や筋肉に対する考えに、ここを温めたい!というお気持ちも大切にすることで、お身体内部から暖まれるように促していくものです。


当院では全身へのお灸ができるようにさまざまなお灸法をご用意しております。


マタニティアロマトリートメント

アロマオイルを使用したオイルマッサージは気持ちよさを重視して行うことで、自律神経が整い誰もが持ち合わせている自然治癒力効果が期待できるものです。


また癒し系以外にも坐骨神経痛や頭痛、肩こりなどコリや痛み系にも該当する部位への「オイルによるほぐし」を行うことで、筋肉が緩み痛みや緊張が和らいでくれます。


腰痛にもマタニティアロマトリートメントは大切な治療系の施術法です。



ストレスが溜まるとどうなるの?

妊娠中のストレスはそのまま赤ちゃんに伝わりやすく、赤ちゃんも居心地が悪くなってしまます。ママが楽しいと赤ちゃんも同じ。でもストレスはなかなか解消されにくいものです。


逆子

逆子の原因はまだ完全には解明されてはおらず、子宮の形状が原因なこともあれば、骨盤のアライメント(骨盤のゆがみ)が原因な時もあります。


冷え

ストレスは体を緊張させてしまい、血流が停滞しやすい傾向になると考えられています。また動脈血が流れたがっていても、末端の毛細血管が開きにくいことで静脈血が戻りにくくなって結果として冷えやむくみが発生しやすい環境となります。


浅い睡眠

イライラや不安等は交感神経を興奮させてしまい、夜に興奮させたい副交感神経を抑え込んでしまいます。こうなってしまうと目が冴えてしまって常に頭がフル回転してしまい、なかなか眠りにつけない、もしくは眠れても浅い状態になってしまう環境となります。


安産や予定日超過への影響

陣痛がなかなか起きにくい予定日超過系もストレスによるものとして捉えることができます。やはり自律神経が乱れて血流が停滞すると「瘀血」や「冷え」による子宮の動きの低下や新鮮な血液供給が期待できにくくなることで、発生しやすいとも考えられます。


妊娠中のストレスやお身体のコリは疲労だけではなく、妊娠中のマイナートラブルに発展してしまうことも大いにあります。


ストレスや痛みがあるときはまずはリラックスしてみましょう。そのためのマタニティマッサージやストレッチ、整体、鍼灸があります。


お気軽にご相談くださいませ。


ご予約はこちらから▼



LIENからのご予約、お問合せ





出張鍼灸整体院CASHEL

電話番号:044-386-0828

営業時間:10時から21時まで

最終受付:19時30分まで

営業日:月・水・金


逆子に関する専用ページ

▶︎ 逆子のお灸

▶︎ 予定日超過

▶︎ マタニティオイルトリートメント